Cprise Brand site BODY CLEAN UP

Cpriseが目指す乳酸菌計画。
驚くほどの腸内環境へ。

心・体の安定はすべて、腸内環境から。私たちと共生している腸内細菌にとって、現代社会の生活は腸内環境のバランスを損なう劣悪な環境です。脂肪の多い食事を摂ると、その脂肪を消化するためにたくさん胆汁を分泌します。胆汁というのは、肝臓でつくられる液体です。これが、腸内細菌によって代謝されると、二次胆汁酸になります。この二次胆汁酸が発ガンを促進するのです。善玉菌や乳酸菌が悪玉菌が増えるのを防いだり、発ガン物質が作られるのを抑制したり、二次胆汁酸のような発ガンを促進するものを抑制するはたらきをしてくれます。腸内環境が善玉菌に傾いている状態だと、ガンになりにくくなります。腸内環境を改善することは、ガンを予防することに等しいのです。

Cprise Brand site Cprise

なぜ乳酸菌なのか?

私たちの体は、食べ物から栄養やエネルギーを吸収して生きています。
食べなくては生きて行けませんが、食べることはまた、必要な養分ともに有害物など体に不必要なものを取り込む危険性も十分有るのです。
生命は誕生した時からこういった矛盾を戦い抜いてきました。そして長い時間をかけて多くの犠牲を払って毒物から身を守る方法を獲得してきたのです。
乳酸菌の底力
乳酸菌の効能もその一つです。乳酸菌は体の機能だけでは補いきれない必要な防衛機能を、別の生物と協力して解決していくためのパートナーと考えても良いでしょう。
似たような例では、マメ科植物の根粒菌や、草食動物の消化バクテリアなども、別の生物同士が助け合って共に生きていけるように生活条件を整えていく共生の性質です。
まだまだ、生物共生については未知の部分が多いのですが、乳酸菌と人間の関係もどうもよく似ているように思えます。
長寿と乳酸菌
現代人はストレスの中で生きています。ストレスは人間本来の生命力にまで影響を及ぼすようになってきており、 ガンや生活習慣に起因する病気などで死亡率も上位を占めるようになりました。これは生命力の赤信号と考えても良いのではないでしょうか。

ところが世界の中には昔ながらの伝統的な生活を続けて長寿を記録している地域もあります。その理由を探っていくうちに食生活などの違いを通して、健康の鍵となるものが見出されたのです。それが乳酸菌です。乳酸菌には多くの種類があり、最近になって急速に乳酸菌の効果と健康のメカニズムの研究も進んでいます。昔ながらの食生活の中に、体調を整え、免疫力を高めるヒントがあったわけですね。

腸内環境とガンの関係

腸内の細菌が有用な働きをしめす。
ヒトの消化器官に定着している腸内細菌は、 200~1,000種類・100兆個、重さにして1.5kgあるといわれています。 そして、その形状は球状の球菌と棒状の桿菌に分類されます。 それぞれの腸内細菌は食べた栄養素を元に 様々な産出物を生み出しヒトに有用な働きをします。
ガンの位置付けと感染症との関わり。
香港のがん患者の1位は大腸がん(2013)。また、肝臓がん・鼻咽のがんも多く、そのベースにはウイルス感染の多さがあると指摘されています。 喫煙率は低下しましたが、肺ガン患者はなかなか減りません。禁煙の効果が現れるのに5〜10年くらいかかると言われています。中国のガン死亡率、1日7500人 年間280万人!中国のがん患者は年間430万人増加。原因の多くは大気汚染。 日本でガン専門医の先生は一般的に総合病院にいることが多いが、香港では腕の良い先生方の多くは外科医も含めて個人クリニックにいることが多い。栄養療法で国際的なマックス・ゲルソン博士は「ガンは栄養と代謝の乱れで起こる。まさに全身病”」と喝破しています。香港も、癌は手術や抗がん剤治療の選択ではなく、漢方薬と食事療法です。

乳酸菌とヒトとの関係

ヒトの細菌に対する防衛機能と乳酸菌の力を考える。
生きている菌は、強力な胃酸で分解される為、生きたまま腸に届く確率は低く、 生きたまま腸に届いても、100兆個もの腸内細菌に排除され腸内で定着することは難しく、体外に排泄されてしまいます。生菌を大量に摂取する為に、糖分を含むヨーグルトや乳酸菌飲料では、カロリー過多になってしまいます。また、生菌では大量に摂取しても、カラダの戦うチカラになることは期待できません。
加熱処理乳酸菌へのこころみ。
しかし、加熱処理をした死菌乳酸菌にすることにより品質を高め安定させる事が可能となり、胃酸や酸化にも強く、カラダの戦うチカラになる効果的な乳酸菌が誕生しました。飲み物や食べ物に入れて加熱しても、品質が変わらず、また1度に1兆個以上の大量摂取をするのにも、カロリー過多の心配もなく継続できる乳酸菌ができました。

サプリメントで摂取する意味

サプリメントは現代社会の食文化構造の象徴。
世界市場は2020年までに1798億ドル(18兆円)とも言われております。その中でも急成長するアジア・パシフィック地域、中国では高齢化が急速に進展し、保健食品の需要が高まり中国の保健食品市場は、2013年が2 兆5,400億円。ここ数年毎年40%前後の成長をしております。タイやインドネシアは2桁増で成長。インドネシアの2013年のサプリメント市場規模は約2,260億円に上り、前年と比較して16.3%の成長が見られる中、現代社会の進化や問題が食文化へも影響しております。
サプリメントへの世界規模での動き。
なぜ、医薬品でなくサプリメントなのか!?医薬品は副作用の恐れを感じることが多く、 かつ機能性サプリメントとして服用することへの不安はその製品の進化により抵抗感が少なくなったと思われる。アメリカで制定された法案「ダイエタリーサプリメント制度」(Dietary Supplement Health and Education Act=DSHEA)により市場が成長し、米国で成立されたダイエタリーサプリメント制度の導入により日本でも機能性表示食品制度が始まり、健康食品の機能性表示が解禁され今後サプリメントの市場が伸びると予想される。
×